ライフハック手帖

中年サラリーマン的な視点の、日々の暮らしのちょっとした工夫とか

水槽の草をもっと生やしたい。CO2の添加方法

f:id:sugtaka:20200219142857j:plain
草を生やしたい
www.lifehackmemo.net
前回の続きで、発酵式で水槽へCO2を添加する方法についてです。

CO2添加方法の種類

発酵式

  • イースト菌を発酵させて出てくるCO2を水槽内の水に溶け込ませる方式です。自作でも何とか作れそうで、消耗品はどこのスーパーでも売っているイースト菌と砂糖なので、ランニングコストもかなり低く出来そうですが、流量調整や、電磁弁による停止が難しいようです。タンクからの強制添加方式と比べると、電磁弁等も無く構成が簡単なため、初期費用もかなり安そうです。
  • 発酵式は安全弁が無い状態でやりっ放して、容器の強度が無い場合は爆発して異臭騒ぎに発展するリスクが有るそうです。
  • この方法は初期費用もランニングコストも安く済み、設備も単純で簡単に始められそうですが、夜間止められないことや、間違うと大変なことになりそうで、私には不向きそうです。
水槽の中で添加する方法

f:id:sugtaka:20200221103529p:plain
発酵式CO2添加方式の構成の例
1.発酵用ボトル

  • 普通のペットボトルにこういったアダプターを付けて、ペットボトルの中にイースト菌と砂糖を入れるだけです。かなり簡単にできそうです。

2.逆止弁

  • 逆止弁も安いです。

3.CO2拡散器

  • 透明なCO2拡散器もオシャレそうです。

4.その他

  • こういったセットも有ります。このセットに逆止弁は無いようです。セットで購入したほうが間違いが無いかも知れません。

液を添加するだけの方法。もうこれしか無い気がする。

テトラ (Tetra) テトラ CO2 プラス

テトラ (Tetra) テトラ CO2 プラス

  • 発売日: 2018/03/12
  • メディア: その他

  • メーカースペックによると、20Lの飼育水に対して2.5ml添加で1週間持続と記載があるので、100回✕1週間=100週 100週÷4週=25ヶ月なんと、2年以上持ちます。アマゾンで500円とちょっとなので、ランニングコストは一月20円程度と極小です。
  • アマゾンのレビューを見ると、劇的ではないけど、それなりの効果があるようです。
  • テトラはそれなりのアクアリウムメーカーなので、魚に極悪な物は販売しないと信じています。今の水槽は小型だし、お金を掛けずにどうしてもCO2を添加したい場合は、これしか無い気がします。ちょっと、これを購入して効果を見てみたいと思います。

テトラ CO2 プラスを添加した結果

1週に一度の水換えの時に、少量を添加した結果、草がかなり生えてきました。
f:id:sugtaka:20200421103739j:plain
草の種類は解りませんが、amazonで購入しました。

中国から送られてくるようで、やや怪しい感じがしましたが、一月くらいで草ボーボーになりました。
1月以上経過して、今では水換えの時に伸びすぎた草を切ってトリミングしています。