ライフハック手帖

中年サラリーマン的な視点の、日々の暮らしのちょっとした工夫とか

グッピーの飼育・特徴について調べてみました。


グッピーを飼いだして一月程度経ちますが、稚魚も順調に育っています。

グッピーについて何も知らずに飼育して死んだりもせず順調に生きていますが、少し気になるのでその飼育や特徴について調べてみました。

特徴

  • 水質の悪化に対しては比較的強い。
  • 卵ではなく子供を生むため、繁殖をさせ易い。
  • 温かいところにしか住めないが、丈夫なため環境省から要注意外来生物に指定されている。
  • 繁殖は比較的簡単だが、長く系統を維持するのは案外難しい。
  • 親グッピーが稚魚を食べてしまう恐れがある。
  • オスはメスに比べて体が小さく尾ビレが大きく立派、メスは体が大きく腹部が膨らみ尾ビレは小さめ。

飼育

  • 水質は弱アルカリ性が良いので、サンゴや貝殻を入れると良い。
  • 飼育するのに必要な水の量は1匹あたり最低でも1リットルが目安で、それより個体数が多くなるとストレスの原因になりやすい。
  • 水温の適温は23度~25度くらい。
  • 素早く泳ぐのが得意では無いので、水槽内の水流が強くなり過ぎないように気をつける。
  • ネオンテトラとプラティーとグッピーを一緒に混泳させていますが、問題は起こっていません。

出産の見極め方について

以前少しまとめたので以下を参照して見て下さい。
www.lifehackmemo.net