ライフハック手帖

中年サラリーマン的な視点の、日々の暮らしのちょっとした工夫とか

鬼平犯科帳(一)~(十)_感想

鬼平犯科帳(一): 1

鬼平犯科帳(一): 1

鬼平犯科帳(二)

鬼平犯科帳(二)

凄く時間があって、たまたま読むことができる本の中に鬼平犯科帳があったので、1から10くらいまで読んでみました。文庫本は24まで出版されているようです。
あまり期待せずに読んだせいか思いのほか楽しむことが出来ました。

”鬼の平蔵”、”鬼平”こと長谷川平蔵が長官を務める、火付盗賊改方は凄い権限を持っています。ある意味ジャッジ・ドレッドよりも凄いです。
ジャッジ・ドレッド (竹書房文庫)

その鬼平の権限の一部について今風に言うと

  • 殺しのライセンスを所持している(斬り捨て御免の権限)

変装して家屋を取り囲み、一気に押し込んでの強制捜査。その場の判断で盗賊たちを切り捨てる。
「こやつどもを生かしておいてはためにならぬ。歯向かうものは切れ!!」とか言いつつ現場の判断で悪い奴らを皆殺しにしたりします。
「平十郎はおれが捕る。あとはみんな、斬って捨てい!!」
痺れます。

  • 潜入捜査権をさせることが出来る。

鬼平の判断で、司法取引どころか、拘置所に入っている死刑の可能性もある受刑者を一時釈放して潜入捜査をさせたりします。

  • 悪い奴らには凄まじい拷問もします。

捕まえた悪党の下っ端からボスの居場所を聞き出すために、いきなり足の甲に五寸釘を打ち込んで、そこに蝋燭の溶けて熱い蝋を流し込んだりします。このやり口にはCIAもビックリなはずです。知らんけど。


ここに出てくる悪党もかなり悪い奴らで、例えば悪党どもは、大きな店を襲い皆殺しにして金を奪ってしまいます。
そんな中、鬼平は強力な権限を利用して、このような極悪人を次々と捕まえて処刑していきます。悪い奴らが極悪なだけに、それらが殺られた時は痛快です。
悪い奴らをバタバタやっつけていくだけでなく、人情味の有るストーリーも結構ある(全体の3割前後くらいか?)ので、これは呼んでいて面白い。このシリーズが長く続いた理由が解る気がしました。

鬼平犯科帳を通して貫かれているポリシーの中の一つに、「真の盗賊は強盗を行うときに人殺しやレイプをしてはならない。」と言うようなものが度々出てきます。
・ツトメ(盗み)するとき、人を殺生せぬこと。
・女を手ごめにせぬこと。
鬼平犯科帳のサブタイトルは”盗賊の流儀”としたいです。


さらに、ここに出てくる盗賊達のシステムは目を見張る物が有ります。

  • 盗賊仲間のネットワークが有る

統率者、作戦立案者、見張り係、解錠係等と専門職が別れていて、職能に応じて盗賊団の間での職人の貸し借りも有る。

  • 数年の単位でターゲット周辺に潜伏して情報を収集したりもする。

ターゲットの大きな商店の近くに小さい店を出店して数年単位でターゲットの店の信頼を得た上で、建物の内部構造や、どこにどの程度の量の金を収めているか等の情報を調べ尽くした上で盗みに入ったりします。
「二年がかりで屋敷の間取りをしらべつくし、あたまの中へたたきこんである六人は、雨音のおもくこもる屋敷内を音もなく奥へ奥へと侵入して行った。」
凄い根性です。


スリの技を少女に教えるシーンでは
「大きなどんぶりに盛った砂の中へ人差し指と中指を突き込み、その砂の中で二本のゆびをしめたり放したり、砂の圧力に負けず自由自在にゆびが動くまで訓練させられる」
数十年前のジャッキー・チェンの映画か”北斗の拳”で、指を鍛えるのに熱く熱している砂の中に指を突っ込む特訓をやっていたような気がしますが、これはそれを思い出しました。
とにかくこうやって鍛えれば、財布など容易く抜けるようになるのでしょう。知らんけど。

以外と面白かったのですが、毎日読んで10巻くらいまで読んだ段階で同じテイストがずっと続くので、少しお腹いっぱい感が出て10巻くらいで挫折しました。
連続で読まず、時間を空けて読んだほうが良いかも知れません。

鬼平 Blu-ray BOX

鬼平 Blu-ray BOX

アニメ作品も制作されているようなので、見てみたいです。

これは凄そう”腰ベルトファン”だけどまだ届かない 納期一ヶ月

雨の日以外は毎日5kmの道のりを自転車で通勤しつつ、最近の酷暑にやられて何か対策を考えていたところ、腰ベルトファンを見つけました。
これは結構良さそうです。

今ではアマゾンでも取扱が有りますが、7月10日の時点ではまだ楽天しか取り扱われておらず、売り切れでした。
楽天では送料を入れた最安価格が2000円程度になっていて、もっと安いところを探している時に、wishと言うショッピングサイトを見つけました。
www.wish.com
やや怪しい雰囲気が有りますが、いろんな人のブログでの購入体験等を見ていると、届くのは遅かったりするけど、物は届くし詐欺サイトのようなところではなさそうで、腰ベルトファンも送料込みで1500円程度で購入できそうだったので、ダメ元くらいの覚悟で購入してみました。
結果、7月10日に購入しましたが、まだ届きません。
今日が28日なので、大方20日経過しても届きません。

f:id:sugtaka:20180728115610p:plain
サイトの注文履歴から商品の到着予定が見れますが、8月17日と記載されています。
一月以上かかるようです。
そこにはトラッキング番号も記載されていて、検索すると中国から発送されているようです。

あともう少しです!

「あともう少し」って、なんか腹が立ちます。
これなら500円多く出して、普通に購入したほうが良かった。
後悔です。
もともとダメ元覚悟で注文したので、仕方が無いのかも知れません。

思考の整理学_感想

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)

読み始める前に思っていた以上に具体的な思考の整理方法についての本でした。あとがきにも記載されていますが、ハウツー本にならないようにしたと言うことで、実際ハウツー本では無いと思いますが、それに近い感じがしました。

30年以上前に書かれていて、現在のようにインターネットでたくさんのことが検索できたりAIが出現してくる前の時代のものですが、人間の基本的な能力は数十年前と比べてそれほど大きく変わっているはずはなく、タイトル通りの「思考を整理する」と言うことについて、参考になるところが結構ありました。
この本が記載された当時はパーソナル・コンピューターの出現が、人間にとってある種の脅威であるとともに、人間の能力を見直すきっかけとなっていることが記載されていますが、著者は現在のAIの出現についても予見していたのでは?とも思いました。

「グライダーと飛行機はよく似ている・・・ただ、かなしいかな、自力で飛ぶことができない。学校はグライダー人間の訓練所である。飛行機人間はつくらない。・・・」学校で教えられたことを忘れずに良い成績を収める人のことをグライダーに例え、自分で考えることを主軸としている人のことを飛行機に例えた比喩ですが、優秀な成績を収めて社会に出てもうまくいかない人が多いと言う事の理由について、こういった理由からくると言う一因もあるような気がしました。

カードにメモすることや、スクラップブックを作ること等が勧められています。現代風ではクラウドにメモをして、PCやスマホで共有出来るGoogle Keep等のサービスで代替出来そうな気もするけど、筆者のススメのとおり、切り貼りや自筆によるほうが身につきやすいような気もします。
Google Driveやブログに記録しても、いずれは消えてしまうような気がしますが、実際にスクラップブックやメモとして記録に残せば、数十年後に片付ける時に出てきたりすることも有りそうで、デジタル的に記録しておくことと、アナログ的に記録しておくことでどちらが良いのかと考えさせられました。

社会に出る前の若い人が読めば、中には人生をより良く出来る人が出てきそうな気もします。人生をより良い方向へ少しだけ変えてくれるかも知れないと言う点では、どの世代の人が読んでも良いと思います。

ダンナ様はFBI_感想

ダンナ様はFBI (幻冬舎文庫)

ダンナ様はFBI (幻冬舎文庫)

日本人女性が元FBI捜査官と結婚することで起こった様々なエピソードが綴られているエッセイです。

読み始めた時は、「変わった外国人と結婚して苦労したけど最終的に上手く纏まりました」的な話と思いつつ読み進めましたが、最後まで読んだ感想としては「ダンナ様」との良い思い出を世に残したいと言う意図も感じられるホッコリくる内容だった。と言う印象が残りました。
「ダーリン」の一歩間違えれば頑固親父になりそうな、意志貫徹的な一貫した姿勢は、中々真似出来るものではないと思いつつ、異国に来ても正義を貫こうとする姿勢等、大人の生き方として参考にしたいと感じました。

ミッションと称して様々な出来事が起きますが、最終的に感動で良い印象が残っています。

関係がこじれつつある夫婦が読んだら良いかな?と思います。

アイコンてんこ盛りのデスクトップ画面がスッキリ!"CLaunch"

f:id:sugtaka:20180227134116j:plain
Claunch
デスクトップにアイコンてんこ盛りで困っている人は、この無料アプリで一発解決しそうです。
仕事が出来る人のまわりは整理整頓されています。なので、デスクトップ画面がスッキリしている人は相当デキる人オーラが出るはずです。
作者の方のページ
Pyonkichi's page

  • 概要
  • 良い点
  • 悪い点
  • その他
続きを読む

未来の年表_感想

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

高齢化の速度が早すぎて、日本の未来は暗すぎです。
空き家の増加問題等は最近ニュースでも時々見かけるようになりましたが、事態はそれだけに留まらず非常に深刻な状況で、早くダイナミックな対策をする必要が有ると感じました。

今から婚姻数や出生数を上げても無意味

なんで?と思いましたが、その説明を読んでいって納得しました。

2020年には女性の過半数が50歳以上となり、2024年には団塊世代が全て75歳以上となり、社会保障費が大きく膨らんでいく。

上記のような現象についてはこれから数年後に起こることで、今からベビーブームが起こっても解決出来る問題では有りません。

本書では話を解かりやすくするために「人口減少カレンダー」として年代別に何が起こるかを示しています。書かれていることは深刻な内容が多いですが、難しい言い回しも少ないことから読解しやすい内容になっています。

2040年には自治体の半数が消滅

これなんかを見ると、子供の就職先に地方公務員等は進めないほうが良いかも知れません。

対策の中で「第三子以降に一人当たり1000万円を支給」等は財源の問題も有りそうですが、「先行投資」と言う考え方も出来そうだし、具体的で効果が有りそうな気がします。

問題提起だけで終わる書籍も多い気がしますが、本書では最後に「日本を救う10の処方箋」として対策も記載されています。
選挙投票に行ってこう言った対策を真剣に考えている政治家へ投票する必要が有る気がします。

死んだ魚を生き餌として蘇らせる!"Zombait"

「…....ケテ.................タスケテ……........タスケテ…….....」って声が聞こえてきそうです。

f:id:sugtaka:20180130091518j:plain
Zombait
死んだ魚を生き餌として蘇らせる"Zombait"です。


Zombait: Look Alive Out There
ゾンビ的なネーミングが不気味さを増す感じがしますが、動きを見ていると魚が釣れそうな気もします。

www.kickstarter.com
上記のkickstarterで資金を集めていたようですが、現在は終了してしまっているようです。

www.amazon.com
USのアマゾンや自身のサイトで販売しているようです。
Zombait Lureszombait.com
合理的と言えば合理的で凄いアイデアな感じもしますが、死んだ魚がリアルに動きすぎてちょっと怖い感じがします。