ライフハック手帖

中年サラリーマン的な視点の、日々の暮らしのちょっとした工夫とか

左右分離型キーボードが欲しい。

f:id:sugtaka:20161119174309j:plain
左右分離型キーボードが欲しい。

キータイプのストレスが凄く少なそうです。

普通のキーボードでブラインドタッチが早い人が、北斗の拳で言うところの正当伝承者の"ケンシロウ"とするならば、左右が分離するキーボードを使って高速でキータイプしている人は"トキ"と言っても過言では無いでしょう。流れに逆らわず無理なく素早くキータイプをするイメージです。

しかし、どれも結構高くて購入に踏みきれません。

少しは購入したい気持ちも収まるかも知れないと思い、どんな機種があるか調べてみました。

個人的な評価を記載していますが、どれも全て購入に至っていません。

Personal Media マイクロTRONキーボード

仕様

  • 左右分離型静電容量無接点方式キーボード(テンキーレス)
  • インターフェース:USB
  • キー配列:日本語76キー
  • キーピッチ:17mm
  • キースイッチ:静電容量無接点方式

個人的評価

  • 斜めに角度(前側10度+左右10度)をつけられるのでかなり自然な姿勢を維持出来そうです。
  • 頻繁に利用する Enterキー、Shiftキー、Backspaceキーが人差し指で押せる位置に配置されているのも慣れればかなり便利そう。
  • かなり良さそうですが、価格が高い。高すぎる。これを記載している時点のAmazonで¥53,537もします。

Matias Ergo Pro for Win

仕様

  • 幅36.8cm × 奥行16.5cm × 高さ3.5cm
  • 重量:1.69 kg
  • Matiasオリジナル静音クリックスイッチ
  • テンティングアングル:9 ネガティブチルトアングル:4.5°

個人的評価

  • これも左右と前後斜めの逆バンクが出来るので良さそうな感じがします。
  • 標準でパームレスト付き。
  • レビューでキーがやや重いと言うのが有りました。私は軽いキーが好きなのでちょっとマイナスです。
  • 記載している時点のAmazonで¥25,800。うーん、まだ高い。一万円以下、出来れば7千円から8千円くらいまでであればたぶん買う。

Ultimate Hacking Keyboard

www.crowdsupply.com


仕様

  • 製品として販売されてなくて、クラウドファンディングで募集されている。これを記載している時点で20万ドルの目標に対して既に40万ドル以上が集まっているので注文すれば入手出来ると思われます。
  • トラックボールやトラックポイントを取り替える事が出来る。

個人的評価

  • "究極のハッキングキーボード"とは名前が凄い。でも逆バンクができ無さそうなので個人的には却下です。

キネシス フリースタイル2(9インチ)+VIP3セット

仕様

  • 横約390mm×奥行約185mm×高さ約18-20mm
  • 5度、10度、15度と角度の変更可能。
  • パームレスト付
  • キーボード約1kg アクセサリ約230g

個人的評価

  • これも良さそうですが、現時点でAmazonで¥25,680。まだ高いです。
  • USアマゾンでこの本体だけで$89(Kinesis Freestyle2 Ergonomic Keyboard for PC)を見つけましたが、逆バンクにするためのキットが36ドルするので、送料を入れると同じような値段になりそうです。

SafeType Keyboard - Black Color V902

f:id:sugtaka:20161119174628j:plain

  • US Amazonでこんな物を見つけました。どんな人がこんなキーボードを使うのでしょうか。

www.amazon.com

まとめ

  • 左右分離型キーボードはマニアック過ぎるせいか、ヤフオクでも殆ど見つかりません。
  • どれもこれも依然として高くて購入に踏み切れませんが、いくつか調べたら余計欲しくなりました。