ライフハック手帖

中年サラリーマン的な視点の、日々の暮らしのちょっとした工夫とか

新幹線は「左の通路側」がベストです。


www.msn.com
大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授で東京疲労・睡眠クリニック院長の梶本修身さんによると「新幹線の座席ででなるべく疲れない位置は「左の通路側」がベスト」です。

新幹線の座席に長時間座ることで起こる可能性のある、自律神経への悪影響を避けるために以下の過ごし方が推奨されています。

  • 時々歩く(通路側は歩きやすい。窓側では通路側に人がいると歩き出しにくい。)
  • 高速で移動する車外の景色をあまり見ない。そのため、カーテンを閉めて、耳栓をする(イヤフォンで音楽を聞いても良い)。


個人的には、新幹線の過ごし方をいろいろと工夫して、「酒を飲む」だったり「タブレットで映画を見る」だったりをしています。
www.lifehackmemo.net
やはり「酒を飲む」が一番な気がしますが、次回新幹線に乗る時は、「左の通路側」に座って酒を飲み、タブレット映画を見るようにしてみたいと思います。