ライフハック手帖

中年サラリーマン的な視点の、日々の暮らしのちょっとした工夫とか

未来医師 (創元SF文庫) _書籍の紹介

内容紹介

医師パーソンズは突如として25世紀の北米へ時間移行した。そこでは人種の混交が進み、全員が混合言語を話し、複数の部族に分かれて生活している。人間の平均寿命は15歳、さらに医療行為が重大な罪とされていた。この悪夢的社会を変えようとする一派の活動に巻き込まれたパーソンズは、さらに幾度も時間航行に連れ出され、重要な役割を果たすことに。

映画「ブレードランナー」の原作の「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を書いたフィリップ・K・ディックの作品です。

幾つかのレビューや、巻末に記載されているディック本人の評価もあまり良くないようです。
「不味いカレーは中々無い」と言う意味と同程度の意味で、「面白くないタイムトラベル系SFは中々無い」と言える気がしますが、これも中々面白い話でした。

ディックの作品には面白いものが多いと思いますが、この作品は他の作品と比べるとストーリーの組み立てにややチープ感を感じる気もするので、他のディックの作品を幾つか読んだ後に読んでみたほうが良い気がします。

読んでいてなんとなく次の展開の予想が出来てしまいますが、テンポが良いせいか興味を持って最後まで読み進むことが出来た一冊でした。