ライフハック手帖

中年サラリーマン的な視点の、日々の暮らしのちょっとした工夫とか

最近は意外と安くて良い物が多い気がする。大型のキャリーバッグ

先日出張で海外へ移動中にキャリーバッグの取っ手が完全に壊れました。
キャリーバッグには20kg以上の荷物が入っていて、往路の最初の飛行機に乗る前に壊れて、飛行機を何度か乗り継ぐ必要もあったので
移動に凄く苦労しました。

3年程度しか使っていないサムソナイトのキャリーバッグでしたが、別の部品が壊れると移動に凄く苦労することになるので
思い切って買い換えることにしました。

調べてみると1万円以下で意外と良さそうなのがあったので以下に紹介します。

検索条件

  • 大型のキャリーバッグでサイズは78cm×51cm×28cm程度。
  • ハードタイプでキャスター付き
  • TSAロック*1付き

Travelhouse スーツケース

  • 幾つか調べて最終的にこれにしました。値段が安く、キャスターも1つの軸に2輪付いていて、ある程度長持ちしそうな印象です。
  • 届いた実物を見てみると見た目がrimowaっぽくて値段の割に高級そうに見えます。結構パクリ感を感じますが...


RIMOWA リモワ トパーズ ¥115,560(Amazon) RIMOWAは超高級過ぎてとても買えません。

  • まだ旅行に使用はしていませんが、十分に軽く、荷物を詰めた感じでは問題を感じず、良い買い物をした気がします。

[BB-Monsters] ビービーモンスターズ スーツケース

  • このメーカーの小型キャリーバッグを使っていますが、キャスターが滑らかで結構良いです。
  • この大型バッグはサイズが72×49×31cmでやや小さく、値段もやや高い(記載時点のAmazonで¥12,480)ので却下しました。

100リッター大型バッグ VERCHE (ベルチェ) ボストンキャリーバッグ

  • これは容量が100リッターもあって値段も7千円以下でかなり良いのです。
  • しかし、キャスターが底面の片側しかついておらず、移動する時は常に斜めに引きずる感じになります。重たい荷物で移動するのが結構大変なので却下しました。


大型のキャリーバッグの値段は、昔はどれだけ安くても1万円を下回ることがなかったと思いつつ調べてみると、7~8千円くらいでも結構良さそうなのが多い印象でした。
キャリーバッグは出張で結構手荒に使うので、消耗品と割りきって数年で買い換えるという考えで、Travelhouseのバッグにしてみました。

*1:TSAロック(ティーエスエーロック)とは、アメリカ国土安全保障省の運輸保安庁から認定を受けた、旅具等に備えられた施錠機構の総称。TSAロック機能が装備された荷物・錠前等は、持ち主が自分の鍵で施錠してあっても、TSA係官が専用の合鍵を用いて随意に開錠し荷物を検査することが出来る。そのため、米国領土(グアム、サイパン等も含む)から出航する航空機への預け入れ時にも、施錠して渡すことが出来る。